スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビックデータ時代のハワイ行き = 格安時期・最適な航空券の調べ方
ビックデータというキーワードは一般になりつつありますが、我々ハワイに年1回行く、にあたってもビックデータの活用をしたいものです。


ビックデータを活用したサイト、hopper と KAYAK 
という2つのサイトを組み合わせるとお得にハワイに
たどり着けそうです。


1)安く行ける時期を探す ⇒ hopper

 私の様な会社勤めの人間は休みを取る時期を決める
 ということになりますね。
 航空券の「安さ」にこだわって時期を決めるとしたら
 hopper が役立ちます

 まずはhopperにアクセスしてみましょう。シンプルですね。
hopper_hawaii_1

 羽田からホノルルで検索をしてみると。
hopper_hawaii_2

 651ドル以下が相場ということですね。
 596ドル以下だったらラッキー、ということも教えてくれています。

hopper_hawaii_3
 優れているのはこの上の画面。
 高い日程と安い日程が色分けされています。
 ゴールデンウィークはやはり高い。。
 あと夏休みも。実感と完全に一致しています。
 6月ごろがいいかなぁ、ということがここでわかります。


hopper_hawaii_4

 航空会社ごとの価格も出してくれます。

hopper_hawaii_5
 さらに親切に空港の代替案も出してくれます。
 伊豆大島が出てくるあたりが、ビックデータっぽいですね。

 ここまでみると大まか、どの時期に行こうか、ということの判断がつくと思います。
 そうすると次は、実際に航空券を買う、というところです。



2)購入する最適なタイミングで知る ⇒ KAYAK
 行く時期を決めたら航空券を購入しますが、いつ買うのか? 
 今すぐ買った方がいいのか、もう少し待った方がいいのか
 タイミングに迷う方も少なくないと思います。
 その際に役立つのは KAYAK
 
kayak_hawaii_1

 こちらでは出発、到着空港と時期も入れます。

kayak_hawaii_2

 航空会社は未定ですが、67950円ですね。優れているのはこの画面の左上。
 拡大したのが下の画面。

kayak_hawaii_3

 7日以内にあがる可能性があるので今買ってください、とのこと。
 もうちょっと待ったら、値段下がるかも、なんて考える必要がなくなって
 いいですね。
 もちろん、過去のデータの傾向から予測しているので、ハズれることは
 あると思うのですが。。

 【関連するページ】
  安い(格安)時期、気候の良い時期から渡ハ時期を考える
  ↑この記事はこのページと同じテーマについて、以前私の経験をもとに作ったものです。。
  旅行の手配の考え方は?
  ハワイのホテルランキングいろいろ
  新婚旅行のホテルのおすすめは?


スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事一覧
ここまで
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
優れた情報で素晴らしい人生 nenichi.hawaii 
サプリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。