スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハワイ旅行で安全に過ごすために3(出入国審査等)
ハワイ旅行へ行くのであればトラブルに巻き込まれず、安心してすごしたい、ということで先日安全基礎 データの整理してきていますが、今日は3回目として出入国審査等を勉強してみたいと思います。

(過去記事:ハワイ旅行で安全に過ごすために1(防犯))
(過去記事:ハワイ旅行で安全に過ごすために2(査証、ESTA等))

   応援頂ける方クリックをお願 いします! → 

以下外務省のホームページからの抜粋です。

=====
入国審査
 ・入国審査では、有効な旅券、航空券とともに所要事項を記入した出入国カード並びに、署名済みの関 税申告書を提示
 ・出入国カードは査証を取得している場合はI-94(白い記入用紙)、査証免除プログラムの場合はI-94W( 緑色の記入用紙))
 ・出入国カードには、米国内の滞在先の住所を記入する必要
  ホテル名だけでなく、その住所を事前に確認が必要
 ・入国審査官は、I-94(またはI-94W)に入国の条件、滞在期限を記入
  これを出国の際に提出する必要がある
 ・米国入国の際には、原則としてすべての外国人渡航者(注)が、空港、海港における入国審査の際に 十本指の指紋をスキャナーで電子的に読み取られ、顔写真を撮影される

通貨の持ち込み
 ・通貨の持ち込みは自由
 ・現金(通貨を問わず)、トラベラーズ・チェック及び有価証券を合計して1万米ドル以上持ち込む場合 には申告が必要
 ・申告した所持金に税金等は課せられない

持ち込み禁止のもの
 ・果物・野菜、肉類(乾燥肉等の入ったカップめんが含まれる)、生魚、銃器、刀剣、麻薬・覚醒剤、 細菌性物質は持ち込むことができない
 ・生きている動植物及び動物製品は、検疫上、輸入が禁止となっているものがある

空港でのセキュリティチェック
 ・2001年9月11日の同時多発テロ以降、セキュリティー・チェックが強化
 ・かなりの時間を要することもあるため、空港到着時間に注意
 ・預入荷物に関しては、従来よりも厳格な検査を実施
  預入荷物が施錠されていれば、鍵を壊して開披されることもある
  貴重品を預入荷物に入れないことが重要
 ・2005年4月14日から、一切のライター類の機内持込が禁止
  また、燃料の入ったライターは、例外を除き、預入荷物の中に含めることも禁止
 ・2006年8月10日以降、液体物やゼリー状の物品の機内持込みが制限
  9月26日現在、
   -乳幼児が搭乗する場合のベビーフード
   -処方薬
   -必要不可欠な非処方薬
   -1クォートサイズ(約19cm×約20cm)の透明な密閉式ビニール袋1枚(約0.95リットル)に入った3オンス(約90ml、約85g)以下の化粧品・衛生用品
   -空港の保安検査場を過ぎた後で購入した飲料
  などは、機内持込みが認められています。
 ・機内持込禁止・制限物品については、随時追加・変更されるため、最新情報の取得が必要を心掛けて ください。
=====

以上、前回同様簡単にまとめてみました。

この点も神経質になる必要は無いと思いますが、安全な渡ハのために簡単な情報は把握しておきたいものです。

外務省のページはこちら


スポンサーリンク




ランキングに参加しています
応援頂ける方クリックをよろしくおねがいします!
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
同じカテゴリーの記事一覧
ここまで
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
優れた情報で素晴らしい人生 nenichi.hawaii 
サプリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。